部門紹介 Section
薬剤科


特 徴
当院は脳神経外科、循環器内科、心臓血管外科をもつ急性期病院であるため緊急入院や緊急手術、心臓カテーテル治療が多く実施されます。そのため入院期間が短く、薬剤科ではその中で最新の医薬品情報に基づいたお薬の飲み合わせ・副作用・量・飲み方などのチェックを行い正確な調剤を行っております。特に、入院中の患者さんに対しては、個人ごとに飲み薬や注射薬をセットし、病室で医師や看護師や他の医療スタッフと連携をとりながら(チーム医療)、患者さんに薬の情報提供をしております。
このように、薬剤師がその能力を活かした病棟業務をしていくために、さらに専門性の高い教育を受けたり、また臨床研究を進めたりすることに対して、積極的にサポートする体制を行うことで、薬のエキスパートである薬剤師の育成を目指しております。



主な薬剤科の仕事内容
調剤業務
医師の処方したお薬の飲み合わせや副作用、分量、飲み方などをしっかりとチェックしたうえで調剤を行います。処方内容に疑問があれば、電子カルテの参照や医師に問い合わせを行なった後、調剤を行います。また、医師の依頼や患者さんの要望で患者さん1人1人に適した形で調剤も行います。
病棟業務
当院の薬剤科では、病棟定数配置薬、麻薬・向精神薬・毒薬等の薬品管理、ハイリスク医薬品の管理、服薬指導、配薬カートの薬剤セット、TDM(薬物血中濃度モニタリング)はもちろんのこと持参薬の内容を確認し、相互作用や重複処方がないか等のチェックを行い、また、他院の薬で当院に採用されていない薬について、医師に代替薬の提案を行います。薬の選択、腎機能に応じた投与量、投与方法など薬剤師の立場から処方提案も行っております。また医薬品情報担当者と協力し、医薬品の最新情報や使用上の注意などの情報提供を行うことで患者さんにとって最適な薬物療法が受けられるよう支援しています。
薬品管理
約1000品目の医薬品を取り扱い、円滑な医療を提供するために、購入、保管、品質、供給を通して病院業務における医薬品費の管理を行っています。また患者さんが安心して診療(治療)が受けられるように医薬品を適正に管理し、払い出しを行っております。向精神薬、毒薬、劇薬、特定生物由来製品に関しては、各関係法規に従い厳重な保管管理を行っています。
DI業務
安全かつ有効な薬物療法を提供できるように、医薬品情報の収集、整理および提供と医薬品情報に係る全般を担っています。また副作用情報の収集やプレアボイド報告の収集も積極的に行っております。また医薬品についての情報を集中的に管理し、それを必要とする医師や看護師等を支援しています。



学会発表

平成28年度
日 付 発 表
平成28年8月27〜28日 日本病院薬剤師会関東ブロック第46回学術大会
●モンテカルロシュミレーション法を用いた抗菌薬の投与設定の介入と評価

平成29年度
日 付 発 表
平成29年8月26〜27日 日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会
●プラスグレルローディングドーズ後の安定性について
●感染性心内膜炎に対してモンテカルロシュミレーションにより改善した1例