脳神経脊椎脊髄外科

当院では、2019年7月より「脳神経脊椎脊髄外科」が開設されました。対象疾患は、変性疾患、腫瘍、外傷、感染症その他です。また、脳疾患や脊髄疾患後遺症による痙生麻痺や痛み、しびれなどの後遺症に対する脊髄電気刺激療法、ボトックス治療なども行っております。
担当医師の杉田は、平成元年国立水戸病院(現水戸医療センター)へ就任後、脳神経外科、脊髄外科、救急医療の分野で、茨城県央地域の診療に携わってまいりました。特に脊椎脊髄疾患の外科治療には25年以上の経験の中で2000例以上の手術件数があります。「手足のしびれ」でお困りの方はお気軽にご相談ください。

担当医師
経歴
東北大卒
専門
医学博士
日本脳神経外科学会専門医
日本脊髄外科学会認定医
治療実績
術式・診断名 2020年
椎弓形成術 26
椎弓切除術 9
前方椎体固定術 13
後方又は後側方固定術 2
合 計 50