薬剤科

当院は脳神経外科、循環器内科、心臓血管外科をもつ急性期病院であるため緊急入院や緊急手術、心臓カテーテル治療が多く実施されます。そのため入院期間が短く、薬剤科ではその中で最新の医薬品情報に基づいたお薬の飲み合わせ・副作用・量・飲み方などのチェックを行い正確な調剤を行っております。特に、入院中の患者さんに対しては、個人ごとに飲み薬や注射薬をセットし、病室で医師や看護師や他の医療スタッフと連携をとりながら(チーム医療)、患者さんに薬の情報提供をしております。
このように、薬剤師がその能力を活かした病棟業務をしていくために、さらに専門性の高い教育を受けたり、また臨床研究を進めたりすることに対して、積極的にサポートする体制を行うことで、薬のエキスパートである薬剤師の育成を目指しております。

主な薬剤科の仕事内容
調剤業務
医師の処方したお薬の飲み合わせや副作用、分量、飲み方などをしっかりとチェックしたうえで調剤を行います。処方内容に疑問があれば、電子カルテの参照や医師に問い合わせを行なった後、調剤を行います。また、医師の依頼や患者さんの要望で患者さん1人1人に適した形で調剤も行います。
病棟業務
当院の薬剤科では、病棟定数配置薬、麻薬・向精神薬・毒薬等の薬品管理、ハイリスク医薬品の管理、服薬指導、配薬カートの薬剤セット、TDM(薬物血中濃度モニタリング)はもちろんのこと持参薬の内容を確認し、相互作用や重複処方がないか等のチェックを行い、また、他院の薬で当院に採用されていない薬について、医師に代替薬の提案を行います。薬の選択、腎機能に応じた投与量、投与方法など薬剤師の立場から処方提案も行っております。また医薬品情報担当者と協力し、医薬品の最新情報や使用上の注意などの情報提供を行うことで患者さんにとって最適な薬物療法が受けられるよう支援しています。
薬品管理
約1000品目の医薬品を取り扱い、円滑な医療を提供するために、購入、保管、品質、供給を通して病院業務における医薬品費の管理を行っています。また患者さんが安心して診療(治療)が受けられるように医薬品を適正に管理し、払い出しを行っております。向精神薬、毒薬、劇薬、特定生物由来製品に関しては、各関係法規に従い厳重な保管管理を行っています。
DI業務
安全かつ有効な薬物療法を提供できるように、医薬品情報の収集、整理および提供と医薬品情報に係る全般を担っています。また副作用情報の収集やプレアボイド報告の収集も積極的に行っております。また医薬品についての情報を集中的に管理し、それを必要とする医師や看護師等を支援しています。
スタッフ
薬剤師 6名
アシスタント 3名
薬剤師研修センター認定薬剤師 3名
感染制御専門薬剤師  1名
日病薬病院薬学認定薬剤師 1名
認定実務実習指導薬剤師 1名
漢方・生薬認定薬剤師  1名
実 績
  2017 年 2018年
入院処方箋枚数 22,149 20,745
入院注射処方箋数 14,864 13,281
薬剤管理指導数 5,070 5,141
製造販売後調査を依頼される方へ(企業の方へ)
新規製造販売後調査申請時のご注意
新規に使用成績調査及び特定使用成績調査を申請される場合は、調査責任医師に調査要綱及び調査票の十分な説明を行い実施可能か否か、必ず了解をとってから提出してください。「書式1:製造販売後調査実施申込書」作成の際は、調査責任医師の押印したものをIRB事務室に提出してください。その際には、添付資料として、調査要綱及び調査票(見本)、インタビューホーム、添付文書、書式3:製造販売後調査審査依頼書、調査分担医師リストの提出をお願いします。

統一書式一覧
書式1;製造販売後調査審査依頼書
書式3:製造販売後調査審査依頼書
書式4:製造販売後調査審査結果通知書
書式5:製造販売後調査実施計画書等修正報告書
書式6;製造販売後調査実施状況等報告書
書式7:製造販売後調査実施計画等変更申込書
書式8:製造販売後調査の中止等に関する報告書
書式9:製造販売後調査終了(中止・中断)報告書
必要な書式はIRB事務局に取りに来てください。
調剤薬局様へ
疑義照会する場合
変更調剤する際は、事前に様式1:疑義照会書を作成し医事課までFAXで疑義照会を行い確認してください。
疑義照会書(PDF)
副作用及び有害事象の報告
様式2:副作用・有害事象報告書を作成し「当該処方箋」と共に薬剤科までFAXで報告をお願いします。
副作用有害事象報告書(PDF)
調剤過誤報告(保険薬局から当院へ)
様式3:調剤過誤報告書を作成し「当該処方箋」と共に薬剤科までFAX報告をお願いします。
状況によっては、第一報として「調剤過誤の状況等」を報告し、その後、最終報告として「再発防止の対策」等を追記して報告する等、適宜対応してください。
調剤過誤報告書(PDF)
服薬状況等報告
保険調剤薬局で即時性は低いものの処方医師へ情報提供したほうが望ましいと判断された内容を医師へ情報伝達を行い情報の共有化を図るため様式4:服薬状況等報告書を薬剤科までFAX報告をお願いします。
服薬状況報告書(PDF)
苦情・トラブル・意見等の報告
院外処方に係る苦情、トラブル、意見等についての報告は、様式5:苦情・トラブル・意見等報告書を作成し薬剤科までFAXで報告をお願いします。
当院に届いた報告書は、患者相談会議で他の苦情等と同様に処理します。
苦情トラブル意見等報告書(PDF)