心臓血管外科
対象疾患と診療内容
心臓血管外科では、以下のような疾患を中心に診療しています。
心臓弁膜症
心臓の右心房、右心室、左心房、左心室にある弁に障害が起きて、本来の役割を果たせなくなった病気を心臓弁膜症と言います。大きく分けると2タイプに分かれ、弁がうまく開かなくなるものを「狭窄症」、弁が閉じなくなるものを「閉鎖不全症」といいます。それぞれの弁に起こる障害については下記の通りとなります。
症状
大動脈弁狭窄症
大動脈弁の開きが悪く、左心室から大動脈へと送られる血液が逆流します。逆流により左心室に負担がかかり、送りだされる血液の量も少なくなり、心筋が酸素不足になります。主な症状としては、胸痛、息切れ、失神などです。
大動脈弁閉鎖不全症
大動脈弁が完全に閉じずに、大動脈から左心室に送られる血液が逆流します。逆流により左心室に負担がかかり、心臓が大きくなってしまいます。主な症状としては、動悸、息切れ、咳などです。
僧帽弁狭窄症
僧帽弁の開きが悪く、左心房から左心室への血流が悪くなります。そのため、左心室に血液がたまって血栓ができやすくなります。主な症状としては、息切れ、動悸、咳などです。
僧帽弁閉鎖不全症 
僧帽弁が完全に閉じずに、左心室から大動脈に送られる血液が左心房に逆流します。そのため、大動脈へ血液を送り出す左心室に負担がかかり、心臓が大きくなってしまいます。主な症状としては、息切れ、動悸、咳などです。
三尖弁閉鎖不全症
三尖弁が閉じにくくなり、右心房から右心室へと送られる血液が右心房に逆流します。そのため、右心房が大きくなり、右心房の内部の血圧が上昇していきます。主な症状としては、下肢の浮腫、腹部違和感、全身倦怠感などです。
治療
症状が軽いうちは降圧剤や利尿剤、抗血小板剤、心臓のリズムを整える薬などで経過観察を行います。症状が進行していくと外科的手術が必要となってきます。
弁形成術
全身麻酔により人工弁輪等を用いて、自身の弁やその周囲の形を整え、弁の機能を回復させる手術です。
弁置換術
全身麻酔により悪くなった弁を取り除いて、生体弁や機械弁に取り換える手術です。
当院の年間実績
術式・診断名 症例数(うち緊急)
2017年 2018年 2019年 2020年
冠動脈疾患
冠動脈バイパス
(人工心肺装置を用いて)
5 2 6
(1)
17
(1)
冠動脈バイパス
(心拍動下 off-pump)
4 2 6 1
弁膜症
僧帽弁形成 6 2 3 1
僧帽弁置換 3
(1)
3 3 3
(1)
(冠動脈バイパスと併施) 1
(1)
2 1  
大動脈弁置換 14 14 24 7
(1)
(冠動脈バイパスと併施) 1 3 3  
その他開心術
心腫瘍   1 1  
心房中隔欠損   2 0 2
バルサルバ洞動脈瘤     0  
その他   1 2 1
大血管
胸部大血管( 解離性 ) 5
(2)
4
(3)
6
(6)
5
(3)
( 弁形成/置換と併施 ) 2 2
(1)
0  
胸部大血管( 非解離性 ) 8
(1)
5 1 3
( 弁形成/置換と併施 ) 6 5 5 3
腹部大血管 9 5 8
(2)
12
(2)
胸腹部大血管 1      
末梢血管
大腿動脈形成   2 2 3
下肢動脈塞栓     2
(1)
1
下肢静脈瘤 2 4 4 1
動脈瘤     0 1
(1)
 
その他 12 5 0 25
合 計 79
(7)
64
(4)
77
(10)
86
(9)